カードローン市場の今後

多くの金融機関において、消費者向け貸付事業は強化すべきであり、そうせざるをえない分野である。

金融機関以外の一般事業会社においても、カードローン等に新規参入する動きが目立つようになっている。

しかし、多くの阻害・制約要因があることも事実である。
 
正確に予測できない変数が多いビジネスの事業設計を行う場合に、最も重要なのが事業理念と戦略である。

横並びや部外依存では、必ず道筋を見失って失敗に終わる。

単純に商品や宣伝広告の回数をふやしても継続的効果は期待できない。

経営陣を中心に、単純明快な総合事業計画を立てるべきである。

それにより事業の優先づけが容易となり、数多くの阻害要因や促進要因を取捨選択できるようになると思われる。

今後もカードローン市場は伸びると予想される。